けっこう難しい!アルミサッシの門を塗装してみた

現実のメカ

自宅前のアルミサッシの門はもうすでに25年ほど経っている

錆は発生していないが細かいキズや苔が付いたりしている

もともと黒かった色もだいぶ薄くなってくたびれた感じがしてきた

アルミサッシに塗装出来るのかわからなかったが調べてみるとアルミサッシ用の缶スプレーが売ってあるのを見つけた

ニッペ(日本ペイント)のアルミカラースプレーだ

特殊アクリル樹脂塗装でツヤありとツヤ無しがある

アルミ建材塗り替え用で密着力が高いとあるが塗ってみたあとは剥がれそうにないほどしっかり塗られている

乾燥時間は早く真夏日に塗ったがあっという間に乾いてしまう

表記では夏(30度)で約15分

冬(10度)で約30分になっている

門を柱から外して柱の周りをマスキングしておく

ボルトやカギ穴等、塗らない部分をマスキングした

柱や門全体を耐水ペーパーで軽く磨いて汚れを落としておく

あとはしっかり脱脂をする

使ったのはROCKペイントのプレソルという塗面脱脂、洗浄剤スプレーだ

しっかり拭き上げると塗装を開始した

特殊なノズルなので逆さまにしても塗料は吹ける

気を付けないといけないのは大粒の玉が飛ぶ時があるのでノズルの先端はきれいにしておかないといけない

タレは少なく塗りやすいがムラになりやすく塗装は多めに用意しておいた方がいい

乾いた後に塗装の状態を見てみると塗膜はしっかりついている

触ってみるとサラサラした感じで質感は良い

ただ日光が当たるとけっこうムラになっているのがわかる

広い面積の平らな部分を塗る時は難しい塗料だ

使う時は練習して使ったほうがいいと思う製品だ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました